FC2ブログ

伊達公子




伊達公子、今、君は美しい(2)
かつて現役の頃、伊達はそのたぐいまれなる身体に人間=伊達が振り回されていたと指摘しておいた。その時、伊達には振り回される自分にめいっぱいで、自分自身が見えていなかったはずだ。だが、今は違う。人間=伊達は、自らのテニスする身体=伊達を完全にコントロール


伊達公子の快挙
現役を引退してから10数年、37歳の伊達公子がテニス・カンガルーカップ国際女子オープンで、ダブルス優勝、シングル準優勝の快挙を成し遂げた。驚きというより他無い。何しろ現役を引退してからの肉体の衰えは著しく、どんなスポーツでも現役の修羅場で戦うのは、不可能に


■昨日につづき伊達公子さんのこと
昨日の記事でとりあげたクルム伊達公子さん。 昨日7日の試合もシングルは圧勝だったとか。相手は13歳も若いオーストラリアの選手。伊達さんの技術の高さに相手のオーストラリアの選手がラケットで拍手を送る場面もあったほどだそうで。 伊達さん。


頑張ってる人
連休終わって、バリバリ仕事しましょう 。 最近、現役復帰した、テニスの伊達公子さん。 凄いですね。 “ライジング・ショット”復活となるでしょうか? 老いは恥ではないって言った、ボクシングのチャンピオンがいましたが。



スポンサーサイト